toplogonew.png(14273 byte)
トップページへ
お遍路セット
白衣(各種)
納経帳・朱印帳
納経軸
念珠・数珠
商品紹介
はじめての方へ
注文を見る
会社概要
アクセスマップ(周辺・交通案内)
問い合わせ
リンク
お遍路作法
遍路豆知識
四国八十八ヶ所県別一覧
納経(のうきょう)
初めて遍路(納経)される方へ
 四国遍路ではお寺をお参りしていくことを、「お札うち」・「札をうつ」・「何ヶ寺うっていく」という言葉を使います。これは昔、木や金属(銅)の札を本堂の柱などにお参りしたしるしに打ち付けたことからきています。 現在では納札は紙または布になっていますので、打ちつけることはしません。

納札(おさめふだ)回数種類例
納札 (白) 納札 (緑) 納札 (赤) 納札 (銀) 納札 (金) 納札 (錦)
白 1〜 4回 緑 5〜 7回 赤 8〜24回 銀 25〜49回 金 50〜99回 錦100〜∞回

 また、「順打ち」・「逆打ち」という言葉もあります。「順打ち」とは一番から八十八番まで順番に回っていくこと、「逆打ち」とは八十八番から一番へと逆に回って参拝することを言います。 この「逆打ち」は慣れたお遍路さまでも道が分かりにくく,迷ったりしやすいので、 お遍路初心者は順番にお参りすることをお薦めします。

逆打ちが何故おこなわれているかというと、一説には、お大師様が四国をずっと順打ちでお参りしておられると言われており、 お大師様に会おうと順打ちをしていても、お大師様が自分の後か先かを回られていた場合、進行方向が同じであるため会う事が出来ない、 そこで必ずどこかでお大師様と会うためにはどうしたらよいかという考えから、逆にお参りするという方法がとられたようです。

前にも述べましたが、逆打ちは道路案内や看板などがほとんど逆についており、順打ちにくらべ大変難しいので、 逆打ちをされる場合はそのことをふまえてお参りするように。

「順打ち」といっても必ずそうしなければならないという規定はありません。 何番からでも自分のペースで回りやすく行きやすいところから始めて下さい。 また、何日以内に回らなければいけないということもありませんので、お気軽にご参拝下さい。

 参拝の所要日数の目安をしるしておきます。車で慣れて早い方なら一週間位、歩き遍路で早い方なら40日位です。初心者の方はそれ以上かかります。 自転車の方は18日位かかるそうです。

白 衣
 先にも述べましたが、一般的に八十八ヶ寺ご朱印した白衣は、亡くなられた方の死出の衣として使用します。 中には自分が着てお参りする白衣にご朱印される方もおられますが、ご朱印する白衣だけでなく車のシートなどが汚れたりするため、あまりお薦めしていません。 常に着ていかれる着物は、一ヶ寺もしくは何ヶ寺かのご朱印があればよいと思われます。
どれが良いかは、用途と好みによって分かれると思います。

●白衣袖あり(八十八ヶ所御詠歌つき)[朱印用]
●白衣袖あり[朱印用・お参り用]
●白衣袖なし[お参り用]

 参考までに代表的な背文字は「南無大師遍照金剛」です。四国遍路は90%以上の白衣がお大師さまであると思われます。(正確に調べたわけではないですが、毎日見ている限りそのような感じだと思われます。)
他にも、「南無釈迦牟尼佛」「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」「南無大聖不動明王」などがあります。
 背文字は、印刷をしてあるものが一般的ですが、無地の白衣に気に入ったお寺で背文字を手書きで書いていただく方もおられます。 (手書きの背文字はどこも有料で、すぐに書いてくれるところとそうでないところがあるようです。)
白衣朱印方法
@白衣(八十八ヶ所御詠歌入り)のご朱印
 各お寺のご詠歌の上に、ご朱印していくだけですので、わかりやすくきれいに仕上がります。
hakue1.jpg(6172 byte)

A白衣(袖つき・背文字あり)のご朱印
 下図(白衣朱印見本)のように、表面・裏面おなじように朱印していくと配置よく、きれいに仕上がります。 2列8段にこだわらず、3列で構成しても大丈夫ですが、2列での構成が一番わかりやすいと思います。 また朱印する順番もきまりは無いようです。 (白衣ご朱印に関しては、順番配置とも規定はありませんので、あくまで参考程度にして下さい。)
表面 6+16+16+6=44
裏面 6+16+16+6=44 合計88+1(高野山奥の院)
奥の院ご朱印は、背文字の梵字の下(必ずここです)へと押しますので、背文字の梵字の下は他のお寺のご朱印を押さないよう、あけておいて下さい。
白衣袖つきご朱印見本

B白衣袖なしのご朱印
八十八ヶ所朱印すると決めた方には白衣の袖ありをお薦めします。しかし、袖なしでも、ご自分で計画的に配置よくご朱印いただくよう心がけて下されば、ご朱印できないということはありません。
八十八ヶ所納経朱印後の軸(表装後の中央部分のみ表示)  掛軸は、床の間に飾るものですが、宗派を問わず多くの方が納経(ご朱印)されていかれます。 最近の建物で床の間が無い、またはお軸を飾るところが無い方でも、横長の額にして飾る方法があります。  生地は絹で、中央にお大師様(弘法大師空海)が描かれたお軸が一番よく出ていますが、 使われている金箔の質により、随分値段が変わってきます。 また、お大師様の絵が西陣織で織り込まれたものもあります。
絹生地のお軸の場合、納経時に、墨をよく乾かして、当て紙をしてから巻くようにして下さい。
生地が和紙のものも人気があります。 和紙ですと、墨が乾きやすく納経に時間がかかりません。
 お軸の納経料は一ヶ寺500円かかりますし、高価なものですので、扱いには十分気をつけていただきたいと思います。 どのお軸もおもむきや良い点は違いますのでどれが良いかは、お好みで選んでいただければと思います。
表装して出来上がったお軸は、とても立派なもので家宝として大切にお持ちいただく価値のあるものです。

戻る トップページへ 次へ
COPYRIGHT 2004 長寿庵 ALL RIGHT RESERVED