toplogonew.png(14273 byte)
トップページへ
お遍路セット
白衣(各種)
納経帳・朱印帳
納経軸
念珠・数珠
商品紹介
はじめての方へ
注文を見る
会社概要
アクセスマップ(周辺・交通案内)
問い合わせ
リンク
お遍路作法
遍路豆知識
四国八十八ヶ所県別一覧
納経(のうきょう)
お遍路さんのマナー
1.お接待(施し)をうけたら納め札を相手にお渡しするのが礼儀になっています。親切にしていただいたらお渡ししましょう。
2.昔、お大師様が四国を行脚された際に橋の下で野宿されたことから、 橋の存在は、大変がありがたいものとされ、橋の上ではお杖をつかないようにしましょう。
3.輪袈裟・念珠をつけたままトイレに入らないように (輪袈裟・念珠等はありがたいものですから不浄なところへ身に着けていかないように)
4.念珠は首から下げないようにしてください。
(お参りの最中は左手にかけること、普段で落としそうな場合はしまって下さい。)
5.ローソク等、他人からのもらい火はしないように
(自分用にライターまたはマッチを持つようにして下さい。)
6.四国へんろはたくさんの方がお参りされますから、ゴミなどは極力持ち帰りましょう。
7.お寺の中では火の扱いに気をつけましょう。
(木造建築が多く、立派な文化財が多いため)
8.車でお参りの方は貴重品を車に置かないようにして下さい。
お参りに必要な品物
お遍路用品必要最低限の品をしるしてみます。
  • 白 衣
  • (道中着 一枚)
  • お 杖
  • (金剛杖 お大師様の分身)
  • 念 珠
  • (お参りに必要)
  • 輪袈裟
  • (お参りに必要)
  • さんや袋
  • (線香・ローソク・納札・納経帳を納める袋です)
  • 線 香
  • ローソク
  • 納 札
  • (各お寺の本堂・大師堂に納めるお札です。)
  • ライター
  • (もらい火はしないように自分でライターもしくはマッチをお持ち下さい)
    納経(ご朱印)される方は
  • 納経帳
  • お軸
  • 白衣(ご朱印用白衣)
  •  

    納経(ご朱印)
    四国八十八ヶ所霊場会規定
    納経時間 朝7時から夕5時まで

    お軸(一本) 納経帳(一冊) 白衣(一枚)
    五百円 三百円 二百円

    納経所にてお軸・納経帳・おいずる(白衣)等の納経を済ませ、所定の納経料を支払う。
    納経帳一冊・お軸一本にそれぞれ御影(本尊様のお姿)が一枚ずつついてくる。もらい忘れのないよう注意して下さい。


    戻る トップページへ 次へ
    COPYRIGHT 2004 長寿庵 ALL RIGHT RESERVED